スーツの破れ直し専門
TEL03-5426-2689
9:30~18:00 日・月曜定休

修理事例 05 ジャケット、コートの袖口、裾、衿の破れ・擦り切れ直し

バーバリーコートの裾の擦り切れ修理

Before

4〇

After

5×

コートの裾の擦り切れ直しです。画像は裏側からのものです。表側からは、完全に擦り切れが消えます。表と裏の生地で傷を挟み込んで消しております。傷が大きくなる前の修理がおすすめです。是非ご相談下さいませ!

バーバリーコートの袖口の擦り切れ修理

Before

3〇

After

3×

コートの袖口の擦り切れ修理です。表側の生地と裏側の生地で、傷を挟み込んで消します。是非お試し下さいませ!

バーバリーコートの襟のすりきれ修理

Before

1〇

After

1×

バーバリーコートの襟の擦り切れ修理です。襟を裏返しに付け直しして対応しております。裏側に移動した破れ(傷)は補修します。諦めませんように是非ご相談下さいませ!

バーバリーコートの襟の擦り切れ修理

Before

9後

After

9前

バーバリー社コートの衿の擦り切れも修理可能です。品物の構造にも拠りますが、通常裏返しにして、衿を付け直すことで修復可能です!諦めずに是非ご相談下さいませ。

バーバリーコートの袖口のすりきれ修理

Before

35前

After

35後

バーバリーコートの袖口のすりきれ修理です。表側からお裏側からも擦り切れは消えます。おすすめ修理です。是非お試し下さいませ。

バーバリーコートの裾の擦り切れ修理

Before

34前

After

34後

バーバリーコートの裾の擦り切れ修理のご紹介です。画像では裏側の状態をご案内しておりますが、もちろ表側からも擦り切れは消えて、綺麗な状態に仕上がっております。

コートの裾(スソ)の破れ修理

Before

91202~1

After

91202~2

コートの裾(すそ)の破れ直しです。裾が擦り切れて、ほころびがでておりますが、このように綺麗に修理痕が残ることなく修復することが可能です。(※修理後の画像の裾(内側)にはステッチが入ります。強度を上げる為に、縫っておりますが、入れないことも可能です。表側は修理前と同じ形状ですので、修理の跡は残っていません)こちらの修理も、出来る限り症状が軽い段階でご用命頂ければと思います。そのほうが綺麗に仕上げりますので! 追伸:こちらのコートの裏地は、破れがありませんが、裏地の修理も可能です。すりきれほしゅう研究所

コートの袖口の擦れの修復修理

Before

91201~1

After

91201~2

コートの袖口の擦り切れ修理です。破れを、表生地と、裏に隠れている生地で、挟み込んで消しております。袖口は非常によく痛む場所です。このように修理痕を残すことなく修復することが出来ます。傷の縦の幅に応じて、少しだけ袖丈が短くなります。できるかりぎ症状が軽いうちに、ご相談下さいませ!袖口の裏地も修理可能ですので、是非ご用命くださいませ。 すりきれほしゅう研究所

スーツの袖口のやぶれ直し

Before

14b

After

14A_1~1

コートの袖口のスリキレを修理です。袖丈は、傷の高さ+5ミリ程度短くなります。(5ミリの高さの傷でしたら、袖丈は1cm程度短くなります)袖丈を詰めるだけではなく、スリキレ部分が表側からも内側からも見えないように、挟み込む方法で処理してあります。修理金額は、両袖で4,700円+税です。筒袖の場合は、¥4,200+税になります。すりきれほしゅう研究所

スーツ、ジャケットの袖口の擦り切れ直し

Before

17a

After

JPG

ジャケットの袖口の擦り切れ修理です。傷の高さ(深さ)が5ミリだとしますと、袖丈は1センチ弱短くなりますが、このように綺麗に仕上げることが出来ます。袖を短くしてあるだけではなく、表側からも裏側からも破れが見えない処理をしております。画像のような袖の形状で、裏地付きのスーツで、¥4700+税(左右修理した場合)となります。片側は半額です。筒袖の場合、裏地がない場合は、もっとお安くなります。すりきれほしゅう研究所